2017年、いま売れているセダンは?人気トップ5を紹介

こんにちは!

ハヤブサ車検、ハヤブサリースの須賀モータースです!(^^)!

いつもご愛顧いただきまして、ありがとうございます。

11月になると寒い日が続きますね(゜o゜)

皆様、体調に気を付けてお過ごしくださいね(*^^)v

2017年4~10月に販売された小型および普通乗用車は、285万5,252台です。2016年度の同期間では268万4,990台だったので、前年比106.3%。この調子で販売が推移すれば、2年ぶりに国内新車販売台数は500万台に回復する見込みです。
とはいえ市場の人気の中心はコンパクトカーで、セダンの人気の低迷は続いています。
また、このランキングを紹介する前に断っておかなければならないのは、セダンといっても集計がブランド通称名別となっている関係で、セダンのなかには5ドアハッチバックやワゴンが含まれていたり、メーカーによっては、5ドアハッチバックでもセダンに分類されるモデルもあるので、純然たるセダンのランキングになっていないこと。
いまや日本国内におけるセダンの定義は、不明瞭になりつつあるようです。

第5位:マツダアクセラ

第5位はマツダアクセラ。販売台数は1万3,431台です。
アクセラにはセダンだけでなく5ドアハッチバックのスポーツも含まれ、月平均では1,900台の販売を記録しています。また、エンジンはガソリンの他、クリーンディーゼル、ハイブリッドが用意され、ディーゼルがアクセラ躍進の要因になっていることは間違いありません。
現行アクセラは、2013年より販売が開始されたモデルで、2018年にモデルチェンジの噂がささやかれています。その次期型には、SKYACTIV-Xテクノロジーを採用した2.0L直4を搭載予定とのこと。東京モーターショー2017で発表されたコンセプトモデル”魁(カイ)”が、次期アクセラのスタディモデルになるといわれています。
ガソリンエンジンのクリーンさとディーゼルエンジンの太いトルクをガソリンで実現する、期待のエンジンの登場までもう少しです。

第4位:トヨタクラウン

第4位はトヨタクラウンで、販売台数は1万6,088です。純然な3ボックスのセダンボディだけの集計なら、トップになる可能性があります。
現行型クラウンはモデル末期で、次期型は東京モーターショー2017で発表されたクラウンコンセプトになります。ショーモデルとしての装飾を外し、ほぼコンセプトカーのままの姿で市販予定です。
次期型では直4エンジンが中心の車種構成となり、搭載エンジンは直4ターボの8AR-FTSとカムリで新開発されたA25A-FXSをコアとしたハイブリッドが中心と目されています。シリーズ構成はロイヤルとアスリートのみになり、マジェスタは廃止予定とのことです。

第3位:スバルインプレッサ

第3位はスバルインプレッサ。販売台数は4万1,255台です。もちろんセダンのG4と5ドアのスポーツを含む集計です。
2016年にモデルチェンジした現行型は2.0Lと1.6Lの水平対向エンジンを搭載。シャシーは、新世代のSGP(SUBARUGLOBALPLATFORM)を採用し、低重心化を図り、水平対向エンジンの素性を活かすパッケージングが成されています。
10月にマイナーチェンジを行い、アイサイトの安全性が一層向上。販売結果に結びつくのは、これからです。

第2位:トヨタカローラ

第2位はトヨタカローラ。販売台数は4万1,990台です。集計にはセダンのアクシオとワゴンのフィールダーが含まれます。
かつての国民車であったカローラが国産車全体の11位というランキングは、20年前なら考えられなかった事態です。それだけ日本の自動車マーケットが変貌しているということですね。
現行モデルは2013年にモデルチェンジし、2018年夏頃に新型がデビューする予定といわれています。それでも毎月6,000台を売り上げるのは、さすがカローラといったところでしょうか。
現行モデルまで、仕向地によりフロントフェイスや車体寸法が異なっていたカローラですが、TNGAが採用される次期型では世界共通の仕様になるとのこと。日本国内においては、初の3ナンバーカローラになります。
またトヨタは縮小する日本市場に合わせ車種を再編すると発表しており、セダンではカローラ、カムリ、クラウンに集約される方向。プレミオやアリオンはカローラに統合される方針とのことです。

第1位:トヨタプリウス

第1位はトヨタプリウスです。販売台数は8万8,721台。集計にはPHVとプリウスαも含みます。トヨタはセダンと呼ぶものの、どう見ても2ボックスの5ドアです。従来の3ボックスに取って代わる新しいセダン像ということなのでしょう。
現行型プリウスは、TNGA第1号として2015年12月に現行型にモデルチェンジ。2017年2月にはプリウスPHVをラインナップに加える一方、先代モデルをベースとしたワゴンのプリウスαを継続販売しています。噂では、新しいプリウスαはクロスオーバーSUV的なスタイルになるとのこと。すでにC-HRがあるので、その噂もあながち間違いではなさそうです。
プリウスの販売は、2016年12月から前年比に対して軒並み3~7割減となっています。プリウスの販売が危機的なのかと思いきや、真相は2015年のデビュー直後の熱狂的なオーダーを基準にしたためだったようです。

さて、本日も3名のお客様が車検に来てくださいました!

本当にありがとうございます!!!

車検は早めのご予約がおすすめです(*^^)v

群馬県一メリットのあるハヤブサリースも大好評受付中です!

県外のお客様からもお問合せを頂いております(^o^)丿

お気軽にお問い合わせくださいませ☆

須賀モータースTwitterはこちら→https://twitter.com/infosugamotors

ハヤブサリース、ホームページはこちら→http://8823lease.com/