最近ドアに直付けされるドアミラーが増えている理由とは

こんにちは!

ハヤブサ車検、ハヤブサリースの須賀モータースです!

いつもご愛顧頂きましてありがとうございます\(^o^)/

だんだんと暖かくなってきましたね!

体調管理にお気を付けてお過ごしください。

ドライバーの視界を広げ、歩行者などを視認しやすくするのが狙い

かつてドアミラーといえば、

ドアウインドウと同じ面でAピラーと接する三角プレートに

マウントされていることが多かった。

しかし、最近ではドアからダイレクトに生えていることが多いように感じる。

たとえばマツダ・アクセラは現行モデルへのフルモデルチェンジ時に、

ドアミラーの位置を大きく変えた。

その理由については風切り音対策であるとか、

スタイリングを考えた変更だとか想像してしまうが、

主な理由についてメーカーの公式見解として

「プレスインフォメーション」に次のような記載がある。

「ドアミラーをドアの外板にマウントするとともに、

その位置を下げることで、ドアミラー越しの視界を広げ、

歩行者や障害物などを視認しやすくしています」

合わせてAピラーを先代モデルより100mmも後退させていることで

視界を広げているのも、アクセラがフルモデルチェンジ時に

ドライバー視界を広げるために工夫したポイントだ。

こうした視界確保の傾向は他車(他社)でもいえるもので、

コンパクトカーでもドアパネルにミラーをマウントしているタイプが増えている。

そのほかウインドウ面のプレートから生えているドアミラーであっても、

マウント脚部を伸ばすことで視界を広げるといった工夫がみられるクルマも増えている。

その逆に、カップルディスタンス(左右もしくは前後乗員のヒップポイント間の距離のこと)を

広げるためボディは拡幅しているが、

取り回し性に影響するミラートゥミラー値は

キープするといったニーズ(インプレッサなど)もある。

こうしたケースでドアミラーの取り付け位置などを工夫しやすいのも、

ドアパネルにマウントするデザインが選ばれる理由のひとつだ。

さて、本日も4名のお客様に車検に来ていただきました♪

いつもありがとうございます\(^o^)/

車検は満了日の1か月前からお受けできますので

お早めにご予約くださいます様宜しくお願い致します。

群馬県一メリットのある【ハヤブサリース】も

大好評受付中ですヾ(≧▽≦)ノ

軽自動車なら月々10000円台から乗れる車もあります!

【ハヤブサリース】にご興味を持たれた方は

お気軽にお問い合わせくださいませ(`・ω・´)ゞ

その他にも新車購入、中古車購入、お車の買取、廃車、名義変更、

板金塗装、修理、オイル交換、12ヵ月点検など…

当社にぜひお任せくださいませ!!!

皆様のご利用をお待ちしております\(^o^)/

須賀モータース・ハヤブサ車検はこちら→http://www.sugamotors.jp/

須賀モータース・ハヤブサリースはこちら→http://8823lease.com/

須賀モータース・Twitterはこちら→https://twitter.com/infosugamotors