日本では最高でも110km/h制限なのに速度リミッターが180km/hの理由とは?

こんにちは!

ハヤブサ車検、ハヤブサリースの須賀モータースです!

いつもご愛顧頂きましてありがとうございます\(^o^)/

だんだんと暖かくなってきましたね!

体調管理にお気を付けてお過ごしください。

安心かつ安全に走行できる性能を確保するために必要な速度

 ご存知のように、普通車にはリミッターが付いていて、180km/h以上は出せない。

トラックは悲惨な事故があった結果、90km/hだし、軽自動車は140km/hに引き上げられた。

軽は少し高めな気がするが、もっと高いと思わせられるのが、普通車の180km/hリミッターだ。

 危険だという意見はよく目にするが、少しずつ緩和されてきているにしても、

高速道路の多くはまだ100km/h制限で、180km/hはリミッターの意味がないように思える。

ちなみに輸入車にはないという人もいるが、

たとえばドイツ車は基本的には250km/hでのリミッターが付く(例外は多々あり)。

 ドイツ車ならアウトバーンもあるから納得はできるのだが、

日本の場合は今ひとつ理由はわからない。

日本自動車工業会の自主規制で義務はないものの、

180km/hになった理由はメーカーに聞いても定かではない。

 ただ、ことあるごとに関係者から意見を聞いたところで、

一番多かったのは「180km/h出せる性能を確保しないと、

100km/hでも満足に走れないから」というもの。

確かに追い越しなどの瞬間では、100km/hしか出ないようでは逆に危険だろう。

 そのほか、性能を高めていって、リミッターを付ける時点での平均的な最高速度だったから。

タイヤ外径やメーター誤差を考慮に入れたりすると、

180km/hぐらいの余裕は必要などという意見もあった。

後者は少し多すぎる気もするが、

夜の高速道路でトラックの隊列が交通の妨げになっているシーンをよく目にするにつけ、

制限速度プラスアルファでリミッターを設定しておかないと、ダメなのは確かだろう。

 あまりリミッターを低く設定すると、技術進化の阻害にもなりかねないのは事実。

その昔、某ドイツメーカーの社長が「日本では100km/h制限だが、どう思うか?」と問われて

「もっと高いスピードでも安全に走れるようにするのが使命だし、技術というもの。

100km/hでいいなら、莫大な開発費をかける必要なんてない」と言い放っていたのは印象的だった。

高速道路の制限速度緩和も進むが、いずれにしても、安全ありきなのは確かだ。

さて、本日も4名のお客様に車検に来ていただきました♪

いつもありがとうございます\(^o^)/

車検は満了日の1か月前からお受けできますので

お早めにご予約くださいます様宜しくお願い致します。

群馬県一メリットのある【ハヤブサリース】も

大好評受付中ですヾ(≧▽≦)ノ

軽自動車なら月々10000円台から乗れる車もあります!

【ハヤブサリース】にご興味を持たれた方は

お気軽にお問い合わせくださいませ(`・ω・´)ゞ

その他にも新車購入、中古車購入、お車の買取、廃車、名義変更、

板金塗装、修理、オイル交換、12ヵ月点検など…

当社にぜひお任せくださいませ!!!

皆様のご利用をお待ちしております\(^o^)/

須賀モータース・ハヤブサ車検はこちら→http://www.sugamotors.jp/

須賀モータース・ハヤブサリースはこちら→http://8823lease.com/

須賀モータース・Twitterはこちら→https://twitter.com/infosugamotors